SYU'S WORKSHOP BBS2

スレッド式の掲示板ですが、気軽に新スレッドで書き込んで頂いてもOKなのであります。
お名前や件名(新規スレッドの場合)やコメントは必須ですが、それ以外は任意です。
ですが、パスワードは入れておいた方が便利です。
後から自分で「削除」「編集」が出来ますから。

=== ご注意 ===

プログラムによるスパム投稿阻止のため

  • 日本語(カタカナ、ひらがな)を含まないコメントは禁止します。
    Please post your messages in Japanese.
投稿者名
件 名
コメント
Mail
URL
パスワード (修正・削除用 半角英数)



3262   「十月は二人三脚の消去法推理」    SYU   [ 2014/10/01 04:55 ] 返信
とは「霧舎巧」のミステリー・ライトノベルですが、どうしよう、十月だ・・・。


3263    こみや     [ 2014/10/01 12:07 ]

ちぇ、てっきり「10月1日では遅すぎる 」だと思ってたのに...


3264    SYU     [ 2014/10/01 12:41 ]

わはははは。
本当は「フレッド・ホイル」のそれにしようと思ってたんだけども、生憎、いつも借りている図書館に(お恥ずかしい事ですが過去にも読んだ事がなかったのだ)無かったのですー。
わはははは。読まれていましたねー。

3265    こみや     [ 2014/10/31 11:12 ]

月日は百対の価格にして...
早くも10月は終焉を迎えてしまい、神々の帰郷前日の街にはゾンビが溢れかえっております。
さて、先日ゴソゴソしていた処、恐ろしく古い「10月1日では...」が出てまいりましたが、未読でしたら読んでみます?
お入用でしたら郵送いたしますけど?

PS.
「11月のギムナジウム」論、楽しみにしております。
  ↑未読なもんで。(^^;


3266    SYU     [ 2014/10/31 13:54 ]

私の知っている、こみやさん、のアドレスに、今、メールを送りました。
届いていなかったら、メールで、こみやさんのメール・アドレス、教えて下さい。

ちなみに。
「11月のギムナジウム」は、去年の11月に、掲示板タイトルで、もう使ってしまっているのだ。
ん?そうじゃなくて、「論」?




3259   更新のお知らせ。「色分けされた戦士たち」。    SYU   [ 2014/09/13 09:11 ] 返信
超不定期雑記帳に、「色分けされた戦士たち」について、をアップ致しました。

昔の「ITCの特撮人形劇」について、少し触れています。
一度、読んでみて下さいね。

3260    micanbaco     [ 2014/09/26 22:25 ]

SYUさん こんばんは。

新作コラム「色分けされた戦士たち」拝読させて頂きました。
ゴレンジャーにサンダーバード懐かしいですね。(←勿論リアルタイム世代では無いですが)
確か私が初めてゴレンジャーを観たのは小学生の頃、地元に初めて出来た
レンタルビデオ屋で借りてきたモノだったと思います。
感想としては『ロボットはどこいったんじゃ!!』でしたが(笑)
(↑既に戦隊モノに“巨大ロボット”はお約束になっていたので・・・)

その戦隊モノの色分けがサンダーバードから来たモノだとは思いもしませんでした。
「たすき」の色が それぞれ違ってたんですね!? 2号とか3号などのメカにしか
目が行ってなかったなぁ、しかも「赤」がリーダーじゃないなんて・・・

『スペース1999』は“あらすじ”だけは知っていたのですが
そのSF的内容から昔から観てみたい作品の1つでした。
残念ながら地元のレンタルショップでは置いていないので未だに見たことが
無かったのですが、設定的には宇宙版『ひょっこりひょうたん島』
みたいですね。



3261    SYU     [ 2014/09/27 05:36 ]

micanbacoさん、こんにちわ。
もうそろそろ「松たか子は今年の紅白には出るのか出ないのか」が心配でしょうがないSYUであります。
ま、出るのでしょうけども。
ちなみに、レリゴーはまだ観ていないのでした。

micanbacoさんが仰る通り、(特に昔の)海外SFTVドラマは、「宇宙版ひょっこりひょうたん島感」が強いかも知れませんね。
「インベーダー」しかり「宇宙家族ロビンソン」しかり「タイムトンネル」しかり、それこそ「スター・トレック」しかり、であります。
すなわち、毎回「新しい場所へ訪れ」、「そこで新しい事件に遭遇し」、「何とか解決して」、そして次の場所へと「旅だって行く」、のであります。
日本で言えば「宇宙戦艦ヤマト」がそうですね。

どうして、そおいうパターンが多いかと言えば、ご察知の通り、シリーズ物の「シリーズ展開がしやすい」からですね。




3255   更新のお知らせ。「つくね」。    SYU   [ 2014/09/06 09:06 ] 返信
超不定期雑記帳に、「つくね」について、をアップ致しました。
一度読んでみて下さいね。

3256    taritari     [ 2014/09/06 23:40 ]

変に蒸し暑い秋の夜ですが、SYUさん、お変わりありませんか。
 夏バテ防止のつもりが夏太りとなり後悔している当方です。

 新作エッセイを「居酒屋・飲み屋さん関係」と思って拝読させて頂きました、が・・・余りに痛そうなお話で・・・しかも詳細な図が入っているのがさらに痛そうで・・・

 余計な心配ですが、現在はもう痛みなどは無いんですよね!?
 

3257    SYU     [ 2014/09/07 00:52 ]

20代ぐらいには、時々痛むような事もあったのですが、もはや、今の歳になると全く痛みはないのです。
代わりに、別のところが調子悪くなって来ていて、一難去ってまた一難、人の身体は上手く出来ているモンですね。

ところで、taritariさん。
そろそろ、「電気ブラン」計画、実行しようと思います。
というわけで、メールさせて頂きます。
ご検討下さいませね。

3258    taritari     [ 2014/09/07 01:45 ]

返信頂き有難うございました。「上手く出来ているモンですね」と言われましても・・・

 「電気ブラン」計画・・・楽しみにしております!!
 


3252   「九月が永遠に続けば」    SYU   [ 2014/09/01 00:26 ] 返信
とは「沼田まほかる」のハードなサスペンス小説ですが、もう九月ですって?!

夏の終わりは、楽しい事があったにしても、悲しい事があったにしても、何ンも無かったにしても・・・、いずれ皆、理由の無い後悔だけ残して寂しいモノですねー。

3253    micanbaco     [ 2014/09/03 20:51 ]

SYUさん こんにちは。

「冬の終わり」「春の終わり」に寂しさを抱かないのは解ります。
次にやってくるのは希望と生命力に溢れた季節ですからね。

「秋の終わり」についても そこまで寂しさを感じた事はありません。
が、夏の終わり際にやってくる あの物寂しさって何なんでしょう?

早朝、明け方に蜩(ヒグラシ)の鳴き声を聞いているだけで何か
異常な程に寂しくなっちゃって、過去の思い出を思い浮かべながら
暫し感傷に耽る今日この頃・・・(汗)

ただ、そんな物悲しい蜩の鳴き声が昔から好きです。



3254    SYU     [ 2014/09/04 03:48 ]

micanbacoさん、こんにちわ。
詳しい事は判らないのですが(言わないで)今年の夏はmicanbacoさんの所も、何かと大変だったのではないでしょうか?

「冬の終わり」「春の終わり」の次には生命感の溢れる季節が来るので寂しさはない、っていうのはとてもよく判ります。
後、夏って、それだけである種「お祭り」だから(好き嫌いは別にしても)、それが終わるのが「何だか悲しい」のかも知れませんね。

それにしても「ヒグラシ」って「蜩」って書くんですね!
初めて知りました。そうか、「虫」篇に「周」なのかあ。これは良い事を教えて貰いました。
「周」には「隅々まで行き渡る」等の意味があるみたいですから、その終わりに鳴く「虫」、ひとつの物語、ドラマの最後に鳴く「虫」って事で、ヒグラシ、「なるほどなあ!」と納得しました。




3249   「皇帝のいない八月」    SYU   [ 2014/08/01 00:28 ] 返信
とは私の好きな昔の日本映画ですが、あっと言う間ですねー、八月。


3250    こみや     [ 2014/08/02 23:59 ]

当時劇場で観たなぁ。
結局あのポスターのシルエットの戦車は存在しないらしい…


3251    SYU     [ 2014/08/03 04:37 ]

あのポスターの「戦車の両脇に兵隊がずらっと」ってイメージ、同年の薬師丸ひろ子が出た「野生の証明」の方が、っぽいですよねー。
もちろん偶然なのでしょうけども。




ページ切換    1       2       3       4       5       6       7       8       9       10       11       12       過去ログ


HOME

【削除するときの注意】
レスの付いた親記事はスレッド保護のため
お名前やコメントのみ削除できます。
編集 削除   記事No.   パスワード

script by Kagerou A.