SYU'S WORKSHOP
ESSAY MENU


超不定期連載の雑記帳です。
「あれやこれや脈略無く思っている事を書きたい時に書く」
という無責任な文章たちですので、
気になったモノを選んで読んでみて下さいませ。

最新のエッセイへ

VOL.1(2001年11月9日) 「SYUというハンドル」について
VOL.2(2001年11月10日) 「アニメ爆発時における黒コマ表現」について
VOL.3(2001年11月15日) 「我が愛しのシャーロック・ホームズ(1)」について
VOL.4(2001年11月16日) 「カツカレーの思想」について
VOL.5(2001年11月21日) 「夢の言葉」について
VOL.6(2001年11月23日) 「タミヤのエナメルとMR.カラー」について
VOL.7(2001年12月5日) 「東宝SF映画(1) 三大怪獣地球最大の決戦」について
VOL.8(2001年12月9日) 「大脱走」について
VOL.9(2001年12月12日) 「666は獣の数字」について
VOL.10(2001年12月13日) 「天使で大地はいっぱいだ」について
VOL.11(2001年12月29日) 「映画サスペリアに見るケレン味」について
VOL.12(2002年1月3日) 「過ぎ去りし未来」について
VOL.13(2002年1月10日) 「ポートピア連続殺人事件」について
VOL.14(2002年1月20日) 「血は生命の水だから」について
VOL.15(2002年1月26日) 「雪降る日には革命を」について
VOL.16(2002年2月2日) 「掻き混ぜる人」について
VOL.17(2002年2月9日) 「日本の歌姫たち」について
VOL.18(2002年3月3日) 「東宝SF映画(2) 海底軍艦」について
VOL.19(2002年3月8日) 「男達の夜・・・かな!?」について
VOL.20(2002年3月16日) 「モンティ・パイソンが好きっ!前章」について
VOL.21(2002年4月6日) 「ホラー映画における主観カメラ」について
VOL.22(2002年4月13日) 「我が愛しのシャーロック・ホームズ(2)」について
VOL.23(2002年4月27日) 「醤油、ソース、マヨネーズ、ケチャップ」について
VOL.24(2002年5月6日) 「我が愛しのシャーロック・ホームズ(3)」について
VOL.25(2002年5月25日) 「大地の冬のなかまたち」について
VOL.26(2002年6月1日) 「巨人たちの時代」について
VOL.27(2002年6月14日) 「SF映画における『黒板』の格好良さ」について
VOL.28(2002年6月23日) 「我が愛しのシャーロック・ホームズ(4)」について
VOL.29(2002年6月24日) 「大島弓子の真綿の温かさ」について
VOL.30(2002年7月6日) 「胃カメラを、呑む」について
VOL.31(2002年7月21日) 「ダイエット」について
VOL.32(2002年8月11日) 「ジョニーが凱旋するとき」について
VOL.33(2002年9月1日) 「なっとう丼」について
VOL.34(2002年9月13日) 「我が愛しのシャーロック・ホームズ(5)」について
VOL.35(2002年11月1日) 「高野文子の幕間の気持ち」について
VOL.36(2002年11月9日) 「東宝SF映画(3) 世界大戦争」について
VOL.37(2002年11月18日) 「今日の名台詞 その(1)」について
VOL.38(2002年11月23日) 「今日の名台詞 その(2)」について
VOL.39(2002年12月15日) 「クリスマスには何かが起こる」について
VOL.40(2002年12月26日) 「今日の名台詞 その(3)」について
VOL.41(2003年1月25日) 「北極と南極」について
VOL.42(2003年2月11日) 「私がプラモデルを作るのが遅いワケ」について
VOL.43(2003年2月15日) 「今日の名台詞 その(4)」について
VOL.44(2003年3月7日) 「雪上車に乗って温泉に行こう」について
VOL.45(2003年3月30日) 「今日の名台詞 その(5)」について
VOL.46(2003年5月18日) 「東宝SF映画(4) キングコング対ゴジラ」について
VOL.47(2003年5月29日) 「ルーカスのスターウォーズに見るTHX」について
VOL.48(2003年6月25日) 「我が愛しのシャーロック・ホームズ(6)」について
VOL.49(2003年7月19日) 「狙いと偶然」について
VOL.50(2003年8月2日) 「魚肉ソーセージ」について
VOL.51(2003年8月17日) 「今日の名台詞 その(6)」について
VOL.52(2003年11月1日) 「少年の友達は、異形(1)」について
VOL.53(2003年11月1日) 「少年の友達は、異形(2)」について
VOL.54(2003年11月22日) 「モデラー殺人事件(仮題)」について
VOL.55(2003年12月27日) 「今日の名台詞 その(7)」について
VOL.56(2004年1月23日) 「大腸ファイバーを、入れる」について
VOL.57(2004年5月21日) 「超簡単極私論的2004年静岡ホビーショウ報告」について
VOL.58(2004年5月23日) 「今日の名台詞 その(8)」について
VOL.59(2004年7月16日) 「我が愛しのシャーロック・ホームズ(7)」について
VOL.60(2004年7月18日) 「日本漫画映画初期における猫キャラ」について
VOL.61(2004年8月28日) 「ちょっと宇宙家族ロビンソン」について
VOL.62(2004年11月3日) 「過剰と欠如と転倒」について
VOL.63(2004年11月27日) 「漫画とアニメ、ホッペタに入る斜線」について
VOL.64(2005年1月8日) 「今日の名台詞 その(9)」について
VOL.65(2005年5月21日) 「超々簡単極私論的2005年静岡ホビーショウ報告」について
VOL.66(2005年7月29日) 「昔の石森章太郎が好き その(1)」について
VOL.67(2005年8月6日) 「昔の石森章太郎が好き その(2)」について
VOL.68(2005年9月17日) 「昔の石森章太郎が好き その(3)」について
VOL.69(2005年10月15日) 「中吊り広告の夢」について
VOL.70(2005年11月26日) 「発見!ラムダのアジト(1)」について
VOL.71(2005年12月10日) 「飛ぶ教室」について
VOL.72(2006年1月21日) 「今日の名台詞(10)」について
VOL.73(2006年2月12日) 「もしもあなたが無人島で」について
VOL.74(2006年5月27日) 「超々々簡単極私論的2006年静岡ホビーショウ報告」について
VOL.75(2006年8月6日) 「タイムトンネルにお願い」について
VOL.76(2006年9月28日) 「ネコアシ」について
VOL.77(2007年1月7日) 「今日の名台詞(11)」について
VOL.78(2007年1月13日) 「我が愛しのシャーロック・ホームズ(8)」について
VOL.79(2007年5月27日) 「超々々々簡単極私論的2007年静岡ホビーショウ報告」について
VOL.80(2007年7月7日) 「血塗れ美少女の系譜」について
VOL.81(2007年8月1日) 「ドジョウを飼っていた話」について
VOL.82(2007年9月22日) 「映画『犬神の悪霊』の予告編に見るケレン味」について
VOL.83(2007年10月6日) 「学園祭は終わらない(1)」について
VOL.84(2007年10月6日) 「学園祭は終わらない(2)」について
VOL.85(2007年10月20日) 「ペ・ドゥナに関する2・3の事柄」について
VOL.86(2007年10月28日) 「ミイラ男が歩いてた」について
VOL.87(2007年11月17日) 「バリアとシールド」について
VOL.88(2007年11月23日) 「絶対架空書籍案内」について
VOL.89(2007年12月26日) 「追補、ホッペタに入る斜線」について
VOL.90(2008年1月12日) 「今日の名台詞(12)」について
VOL.91(2008年2月2日) 「小学生の頃の絵」について
VOL.92(2008年5月24日) 「超々々々々簡単極私論的2008年静岡ホビーショー報告」について
VOL.93(2008年6月7日) 「奇妙奇天烈、杉浦茂」について
VOL.94(2008年6月14日) 「地球の上に朝が来る」について
VOL.95(2008年6月23日) 「私の愛した接着剤」について
VOL.96(2008年7月7日) 「寺島令子の涙の明日」について
VOL.97(2008年8月10日) 「シーチキンみたいな」について
VOL.98(2008年10月25日) 「卵付きカツ丼のセレナーデ」について
VOL.99(2008年12月28日) 「雨は主に広野に降る」について
VOL.100(2009年1月4日) 「今日の名台詞(13)」について
VOL.101(2009年1月4日) 「今日の名台詞(14)」について
VOL.102(2009年6月6日) 「見えない生物バイトン」について
VOL.103(2009年6月20日) 「温泉の浴衣は何故脱げる」について
VOL.104(2009年7月18日) 「ギンビスが止まらない」について
VOL.105(2009年8月1日) 「ビルの街にガオー」について
VOL.106(2009年8月22日) 「東宝SF映画(5) 空の大怪獣 ラドン」について
VOL.107(2009年10月3日) 「地下に潜むモノ」について
VOL.108(2009年10月24日) 「幽霊がやって来る」について
VOL.109(2009年12月26日) 「我が愛しのシャーロック・ホームズ(9)」について
VOL.110(2010年1月9日) 「今日の名台詞(15)」について
VOL.111(2010年1月30日) 「宇宙船が生まれた日」について
VOL.112(2010年4月3日) 「続絶対架空書籍案内」について
VOL.113(2010年4月18日) 「漫画における『ない』けど『ある』(1)」について
VOL.114(2010年4月24日) 「漫画における『ない』けど『ある』(2)」について
VOL.115(2010年5月1日) 「漫画における『ない』けど『ある』(3)」について
VOL.116(2010年5月22日) 「マンモスの肉」について
VOL.117(2010年6月5日) 「その後の宇宙船が生まれた日」について
VOL.118(2010年7月3日) 「晴れと曇りと雨と雪。そして風」について
VOL.119(2010年7月10日) 「漫画における『ない』けど『ある』(4)」について
VOL.120(2010年7月17日) 「マキという人」について
VOL.121(2010年7月24日) 「1977年」について
VOL.122(2010年7月31日) 「居酒屋超特急」について
VOL.123(2010年10月2日) 「ランキングする人々」について
VOL.124(2010年11月20日) 「グリンピース」について
VOL.125(2011年1月1日) 「今日の名台詞(16)」について
VOL.126(2011年6月4日) 「漫画における『ない』けど『ある』(5)」について
VOL.127(2011年6月4日) 「漫画における『ない』けど『ある』(6)」について
VOL.128(2011年7月2日) 「赤塚不二夫のコレ」について
VOL.129(2011年7月16日) 「東宝SF映画(6) ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘」について
VOL.130(2011年8月27日) 「纏足の女」について
VOL.131(2011年9月3日) 「西へ行く者たち」について
VOL.132(2011年10月1日) 「鞄からパン」について
VOL.133(2011年11月5日) 「モデラー殺人事件(仮題)、再び」について
VOL.134(2011年12月3日) 「そこはそれ、パワーバランス」について
VOL.135(2012年1月7日) 「今日の名台詞(17)」について
VOL.136(2012年2月4日) 「クシャナの髪は金色」について
VOL.137(2012年2月25日) 「ある午後の団地の風景」について
VOL.138(2012年5月28日) 「超々々々々々極私論的2012年静岡ホビーショー報告」について
VOL.139(2012年7月1日) 「マーシーの事」について
VOL.140(2012年7月14日) 「ブラックサンダー 黒い雷神」について
VOL.141(2012年7月28日) 「形が変。大きさが異常」について
VOL.142(2012年10月7日) 「泣き虫と怒りん坊」について
VOL.143(2012年10月14日) 「焦げたチーズが美味しい」について
VOL.144(2012年12月8日) 「翼少女の系譜」について
VOL.145(2013年1月5日) 「今日の名台詞(18)」について
VOL.146(2013年7月1日) 「劇団○○みたいな」について
VOL.147(2013年7月13日) 「続・焦げたチーズが美味しい」について
VOL.148(2013年7月14日) 「消えたプリンセス」について
VOL.149(2013年7月15日) 「深淵を覗き込む時」について
VOL.150(2013年11月2日) 「我が愛しのシャーロック・ホームズ(10)」について
VOL.151(2014年1月12日) 「今日の名台詞(19)」について
VOL.152(2014年6月14日) 「さらば愛しきアジトよ」について
VOL.153(2014年7月5日) 「川原泉の學問のススメ」について
VOL.154(2014年9月6日) 「つくね」について
VOL.155(2014年9月13日) 「色分けされた戦士たち」について
VOL.156(2015年2月14日) 「12枚の年賀状」について
VOL.157(2015年3月14日) 「継ぎ接ぎ少女の系譜」について
VOL.158(2015年5月2日) 「東宝SF映画(7) 妖星ゴラス」について
VOL.159(2015年5月2日) 「妖星ゴラスの日付問題」について
VOL.160(2015年6月13日) 「トムは真夜中の庭で」について
VOL.161(2015年6月20日) 「小さい子供は何故走る」について
VOL.162(2015年6月27日) 「家来は三人」について
VOL.163(2015年7月4日) 「モンティ・パイソンが好きっ! 全ての精子は神聖なり」について
VOL.164(2015年7月11日) 「物理キーの理」について
VOL.165(2015年7月18日) 「モデラー殺人事件(仮題) 褐色の女王蜂」について
VOL.166(2015年11月30日) 「森永ダース」について
VOL.167(2015年12月12日) 「守護獣たちの休息」について
VOL.168(2015年12月19日) 「悪魔くん」について
VOL.169(2016年12月3日) 「完璧な女」について
VOL.170(2016年12月24日) 「ラバーパンクへようこそ」について



最初のエッセイへ

 
トップページへ

メールはこちら ご意見、ご感想はこちらまで